ファミリー

尿酸値を低くする

食卓

身体が痛いととても辛く、思考回路にも影響を与えてしまいます。そんなことになってしまうと毎日辛いので、特に痛風などの病気にならないように気をつけたいものです。痛風の名前の由来とは、「風が身体に当たっただけでも痛い」というものですが、暴飲暴食など食事のペースが乱れてしまうとこの病気にかかってしまいます。痛風になってしまうと尿酸値が高くなります。尿酸値が上昇して身体の中に蓄積されてしまうということは身体の老廃物が外に出ないということです。通常は身体は常に新陳代謝を繰り返しているので、そのため老廃物が排出されて身体が健康に疲れや炎症の原因が溜まらないのです。しかし尿酸値が高くなってしまうことで身体の節々、特に足の付け根や膝が痛くなり、腫れ上がってしまうのです。

そうならないためには尿酸値を高くするような原因となる食事は控え、さらに老廃物を出しやすいようなバランスの良い食事を摂取するべきなのです。控えるべき食材はビールやレバーなどです。この食材は一見して共通点が見いだせないように感じますが、実はプリン体が多く含まれているという共通点があるのです。痛風にかかってしまった人はこの食事を積極的に避ける必要があるので、病食もよく考える必要があります。食事で積極的に取りたいものとしては水分量が多いものです。そして尿酸値を正常化させるためにはアルカリ性の食事を積極的に取ると良いです。アルカリ性の食事といえば大豆製品や野菜類、芋などが含まれるものになります。

Copyright ©2016 腎臓病食も用意すれば健康ライフまっしぐら|宅配で栄養療法 All Rights Reserved.